地震、台風、火事、白アリなど災害に強く安全で安心な家づくりを実現!

地震、台風、火事、白アリなど災害に強く安全で安心な家づくりを実現!

地震による倒壊、損壊を真剣に考えないといけない時期が来ているようです!東日本大震災、熊本地震そして必ず来るといわれる南海トラフ地震!

免振、制震、耐震・・木造住宅にはどの工法がいいのか?今までは耐震構造を取り入れていればいいだろう、という考え方が一般的だったのではないでしょうか?免振はいいのは分かっても木造にはあまり向かないうえにべらぼうにコストが高い、制震も結局は木造住宅には不向き・・・どうしたらいい    総合的に考えると耐震+減震という工法にたどり着きました。

今私たちが採用している構造、工法は木造軸組∔ツーバイフォー工法による耐震構造でした。(本当のツーバイフォー工法を学んでいないと壁や床にただ合板を使う見せかけだけのものになりますがもちろんそのようなもどきではありません)もちろんこの工法で震度7程度で倒壊したりすることはないでしょう(よほど地盤の動きがおかしくない限り)が、最近の地震を見ていますと家自体の揺れによる家具の倒れや物が落ちてくる、といったことで安心して自宅に折れないという事が現実的な問題のように思えます。

そこで今までの「耐震」構造の考え方に「減震」の考え方を取り入れることにしました。「免振」はあまりにも高価すぎて木造住宅で取り入れることのできる人はいないでしょうからコストをかけずに少しでも安全に・・という事で「耐震+減震」の考え方に行きつきました。今年に入ってこの摩擦減震工法の開発者の方ともお会いし実際の現場も確認してきました。又この工法は東洋大学工業技術研究所でも建物の振動実験が行われていてその効果が確かめられています。

過去の地震被害を見ると「適切な地震対策」が見えてきます。この工法が地震対策に適しているのは何故か?

躯体の損傷を抑えるには躯体に入力する地震エネルギーをカットする「絶縁工法が一番」という事がわかってきました。しかも基礎と土台がずれすぎると危ないですからそれを許容範囲に抑えて減震するには摩擦力が持続する「wブレーキ機構が一番」東洋大学での実験棟でもwブレーキで安定した摩擦抵抗が確認できており、 地震力(水平力)が大きくなると、減震力(アンカーボルトの曲げ応力など)が大きくなりショックアブソーバー効果で減震量をさらに大きくしているという事も実験結果として出ています。

この地震に対する対策は言葉で聞いてもましてや文字で読んでもほとんどわかりませんよね。詳しいことは勉強会に来れる方はその時でもいいかと思老いますが、どんなものか早く知りたいという方のためにこの下にURLを張り付けておきますのでそちらのサイトのほうから動画を是非ご覧ください。

https://www.smrci.jp/  又は SMARC株式会社で検索願います。

大型地震の揺れを半分に減震

熊本の地震から3年・・建築家として地震に対して今までの耐震にプラス何かないか?と考えていましたが今回4月のセルエナジーハウス研究会の勉強会で取り入れることにしました。

大型地震の揺れを半分に減震

阪神淡路大震災クラスの800galの大型地震を300~400galにまで減震します。

“摩擦減震”ならではの安心

倒壊の危険をまねく偏芯、バラバラ共振が起こりません。偏った補強による柱脚破壊などの心配もありません。簡単な動画を見てみてください。

比較動画 1 地震揺れ具合

長年シロアリ防蟻対策には「ホウ酸処理」を採用してきましたが、さらに完璧を期すために!防蟻シート+防蟻基礎断熱ボード+防蟻充填剤+ホウ酸処理を取り入れることにしました。

近年それぞれの防蟻剤ごとの保証による問題などもまだまだ数は少ないですが聞くようになってきました。それぞれの材料ごとの保証ではどちらの過失かわからないことが起きます。そうなると保険は適用できなくなる。それでは家を造った人は困りますよね!

今私たちが採用しているホウ酸処理は人やペットにも優しく一般的に使われている農薬系とは違って5年くらいで蒸発散してしまい効果がなくなるという事はなく、ほぼ半永久的に効果を発する、など大きな問題はないのですが、工事をする人や施工状況によっては首をかしげることが出てくることも又確かです。 例えば施工後に雨に降られてしまい濡らしてしまったとか部分的に処理を忘れてしまったとか等まで私たち監理者が1日中ついているという事はできませんのでそういったことが起きても不思議ではない訳です。  もっと確実なものを・・と思っていました。そこで今年から取り入れたのがほぼ被害を100%確実にするために二重三重の処置です。

★まず基礎のベース下端の砕石を敷きこんだときにそれをすっぽりと覆いつくしてしまい確かな防蟻成分が半永久的効果を生む防蟻シート(ターミダンシート)の採用です。白蟻のほとんどは地中から上がってきますのでまずこれだけでも完璧に近づきます。このシートに含まれる防蟻成分は白蟻に触れると白蟻は死んでしまいます。ホウ酸の場合は白蟻の体内に入らないと死には至りません。

★次は基礎の外断熱材ですが(基礎の外断熱は本格的な温熱環境住宅を考えると必須になります:ぜひ勉強会でお聞きください) これは一番は断熱性能に優れていて少しでも薄くてすむことですが、それでも白蟻の外部からの侵入の助けをしてしまったのではどうしようもありませんよね!そこで大事なのは防蟻性能に優れているという事です。蟻に食べられない断熱ボードは必須です。

★次に白蟻の侵入経路にはちょっとした隙間があります。基礎部分や土間部分にはどうしても給水や排水又計画換気やエアコンの配管などの貫通部分が出てくるわけですがこういったところもしっかりとした防蟻対策が必要になってきます。そうした穴や亀裂部分、隙間などへはしっかりと注入ができることとしっかりとした防蟻能力のあるものそして基礎であってもしっかりとした気密と断熱が必須になってきますがそれに使用するのがウレタンフォームに防蟻成分であるチアメトキサムを封入して安定させた防蟻用充填剤オプティUフォームです。

★そしてこれでほぼ充分(メーカーも保証しますから大丈夫ですと言ってくれるのですが)せっかくここまでやるのであれば念には念を・・という事で外周周りの土台と壁下地の合板の下端は今まで通りホウ酸処理をすることに決めました。ホウ酸に関しては大きな問題は特にありません。  *効果が長期にわたり持続します。 *白蟻等の虫害から強力に保護 *木材腐朽菌に強力な効果、*カビ菌の繁殖も減少 *何よりも人にもペットにも優しく安全など問題はありません。

長持ちする住宅、資産になる住宅、というのは構造などのハード部分がしっかりしているだけではダメです。建物の湿気、腐り、カビやダニ、そして白蟻から守ることもしっかりと考えたいものです。

防蟻処理というと、今でも90%以上の建物が農薬系の薬剤を使用していると思いますが、5年くらいで蒸発散してしまったら後は6年目に・・といっても処置のしようがありませんよ。ましてや蒸発散する薬の成分は人にも悪影響を及ぼすものです。大人はどうにか耐えるとしても赤ちゃんやペットはどうするんですか?とお聞きしたくなります。簡単に言うと「毒」だと思ってください。

このようにたかが白蟻対策ではないのですね!家の長持ちは当然ですが先ずは済む人の命を縮めるような考え方の対処方法は絶対にNGだと思います。

なかなか言葉だけでは理解しづらいことが多いです。ぜひご一緒に勉強しましょう! 

ターミダン防蟻シートとは?

ターミダンシートの有効成分、ピレスロイド系ビフェントリンは防疫殺虫剤で使用される成分で、WHO(世界保健機関)が認定した人体に安全性能が高く、高い効果があり環境に影響がない薬剤です。

ピレスロイドの特徴とは次の4つがあります。

  • 速効性、効果がすぐ現れること
  • 忌避効果、忌避効果が高く、その場所から追い出す効果がある
  • 高活性、少ない成分で高い効果がある
  • 安全性が高い、人体、ペットに安全で刺激がない

ターミダンシートの長期性能

ビフェントリンは、安全性と忌避性が優れて刺激性がない薬剤です。しかし、薬剤の効能は長期に持続される訳では無く、年月を経るごとに分解されていきます。

薬剤が分解されるのは「土中のカビ・菌・バクテリアによる生物分解」「太陽紫外線による成分分解」「熱による揮発」「蒸散」の要因によりますが、ターミダンシートが長期で性能を維持できるのは下記の特徴を持つためです。

  • ターミダンシートはEVA樹脂(ポリエチレン樹脂+酢酸ビニールの重合体)で出来ており、シート厚が0.18㎜と厚く引張強度、伸度が高いのでいので、カビ・菌・バクテリアがシート内に侵入できないので、生物分解がありません。
  • ターミダンシートは地中に埋めるので、紫外線による分解はない。
  • 土中は温度が一定で安定しているので熱分解がない。
  • ビフェントリンは蒸気圧が低く樹脂に含浸しているので蒸散することがない。
  • EVA樹脂自体だけでなくビフェントリンは水に溶けないので水に溶け出ない。
  • ターミダンシートのEVAをシロアリが貫通できない。