地震、台風に強い家

地震、台風に強い家

地震による倒壊、損壊を真剣に考えないといけない時期が来ているようです!東日本大震災、熊本地震そして必ず来るといわれる南海トラフ地震!

免振、制震、耐震・・木造住宅にはどの工法がいいのか?今までは耐震構造を取り入れていればいいだろう、という考え方が一般的だったのではないでしょうか?免振はいいのは分かっても木造にはあまり向かないうえにべらぼうにコストが高い、制震も結局は木造住宅には不向き・・・どうしたらいい    総合的に考えると耐震+減震という工法にたどり着きました。

今私たちが採用している構造、工法は木造軸組∔ツーバイフォー工法による耐震構造でした。(本当のツーバイフォー工法を学んでいないと壁や床にただ合板を使う見せかけだけのものになりますがもちろんそのようなもどきではありません)もちろんこの工法で震度7程度で倒壊したりすることはないでしょう(よほど地盤の動きがおかしくない限り)が、最近の地震を見ていますと家自体の揺れによる家具の倒れや物が落ちてくる、といったことで安心して自宅に折れないという事が現実的な問題のように思えます。

そこで今までの「耐震」構造の考え方に「減震」の考え方を取り入れることにしました。「免振」はあまりにも高価すぎて木造住宅で取り入れることのできる人はいないでしょうからコストをかけずに少しでも安全に・・という事で「耐震+減震」の考え方に行きつきました。今年に入ってこの摩擦減震工法の開発者の方ともお会いし実際の現場も確認してきました。又この工法は東洋大学工業技術研究所でも建物の振動実験が行われていてその効果が確かめられています。

過去の地震被害を見ると「適切な地震対策」が見えてきます。この工法が地震対策に適しているのは何故か?

躯体の損傷を抑えるには躯体に入力する地震エネルギーをカットする「絶縁工法が一番」という事がわかってきました。しかも基礎と土台がずれすぎると危ないですからそれを許容範囲に抑えて減震するには摩擦力が持続する「wブレーキ機構が一番」東洋大学での実験棟でもwブレーキで安定した摩擦抵抗が確認できており、 地震力(水平力)が大きくなると、減震力(アンカーボルトの曲げ応力など)が大きくなりショックアブソーバー効果で減震量をさらに大きくしているという事も実験結果として出ています。

この地震に対する対策は言葉で聞いてもましてや文字で読んでもほとんどわかりませんよね。詳しいことは勉強会に来れる方はその時でもいいかと思老いますが、どんなものか早く知りたいという方のためにこの下にURLを張り付けておきますのでそちらのサイトのほうから動画を是非ご覧ください。

https://www.smrci.jp/  又は SMARC株式会社で検索願います。